|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る

|政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る

皇紀2,682年


Japanese


白人人口が減少するアメリカ 発展途上国を買収する中国 移民に配慮するアメリカの政治

2022-02-07  カテゴリー:アメリカ

白人人口が減少するアメリカ 発展途上国を買収する中国 移民に配慮するアメリカの政治

Photo by depositphotos (licensed under depositphotos)

多民族国家アメリカ

アメリカは金融はユダヤ、マフィアはイタリア、政治はアングロサクソンと言われていたが、その他の国から来た移民やその子孫の人口比率が上がり政治や言論に参加している。

アメリカの歴史や伝統はどこにあるのか。まさにアメリカは現在進行形で移民による人口増加策を行っている。トランプ氏はかつてのアングロサクソンアメリカに戻そうと試みたが、大きな反発の渦が発生した。デモ、暴動、不正選挙など手段は選ばない。

故郷の国への配慮が投票に影響

アメリカ国籍を持っても人は故郷の国に有利になるよう考える。これは日系人でも同じだろう。日本とは友好関係を持ってもらいたいと主張するだろう。

アメリカの政治は有権者やその祖先の出身国の利害を反映する。そうなるともうアメリカは誰の国か分からない。どこに歴史があるのか、何がアメリカの文化か分からなくなる。

人魚姫が黒人?

最近のMVなどは様々な人種を入れないといけないという配慮なのか、とにかく多くの人種がビデオ内に登場するし、人魚姫は何故白人でなければならないのかという論争まで起こっているようだ。

アメリカ人の白人は、人種問題は様々に複雑に存在する為、韓国が日本をアメリカ国内でパッシングする行為はハッキリ言って迷惑だと言っている。理由は面倒を起こさないで欲しいということだ。

減少する白人比率

人種問題は大多数を手に入れて勝者となる民主主義の中ではとても危険な要因になる。アメリカとの敵対国はアメリカの有権者の故郷の国が発展途上国ならば、その国を買収すれば良いからだ。

それらの利害を踏襲した政治家がアメリカ各州で選挙に勝つことになる。2050年にはヒスパニックを除く白人の人口は50%を下回る



POINT

中国の一帯一路政策は発展途上国を買収する政策です。アメリカの白人人口の比率は減少し、世界の縮図のようになっています。



ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


アメリカでの白人人口の減少。白人は世界のマイノリティに転落し、どのように民主主義を継承するのだろうか。

2021-12-18  カテゴリー:アメリカ

アメリカでの白人人口の減少。白人は世界のマイノリティに転落し、どのように民主主義を継承するのだろうか。

Photo by toraemon (free license photo AC)

アメリカの白人人口が減少

米国の白人の人口が今年8月に発表された2020年度の国税調査の結果初の減少となった。白人は今後増加しないのだろうか。

欧州の移民政策は少子化対策の結果行われ、それが欧州の分断や流入した一部イスラム教徒のテロが発生し、イギリスはEUを脱退し移民を制限した。

つまり、白人の人口は増えないのかということだ。アメリカの人口増加は移民政策によるものであり、さらに人口を増やす計画だ。



MEMO

アメリカは人口増加政策による移民の流入、そしてアメリカ文化の崩壊が同時進行で起こっています。


人種配慮の結果良くわからない芸能

最近のアメリカのMVなどを見ると、様々な人種を登場させなければならないという配慮があるようで、全く意味が分からないものが多い。

黒人のヒップホップなら黒人だけでよいだろうし、テイラー・スウィフトのMVに多くの人種は不可思議だ。人魚姫は何故白人でなければならないのかというバカバカしい議論が行われているという。

白人文化を継承するのは白人国家

正当な白人文化を継承する白人の人口増加と白人の国は必要だ。アメリカは移民によって2060年には白人はマイノリティに転落する。

これは人種差別の問題ではなく、民主主義は本当に世界で維持されるのかという問題だ。どの人種が民主主義を継承しているだろうか。アジアを含め、有色人種の国で民主主義国として成立し、今後も維持し続ける国がどれだけあるだろうか。



POINT

日本でも言えることですが、日本文化を継承できるのは日本人以外に居ません。



ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


メキシコの英雄 国境を一歩超えると変わる歴史観

2021-07-08  カテゴリー:アメリカ

メキシコの英雄 国境を一歩超えると変わる歴史観

Photo by Loisl75 (licensed under CC0 1.0)

小泉政権下に日韓歴史共同研究会を発足させた理由は、歴史認識の問題は歴史の専門家同士で議論することだというシンプルな理由からです。歴史学者同士の認識が違うのであれば、学者同士で1000年でも2000年でも議論したら良いだろう。

歴史学者でも無い政治家や裁判官が歴史を認定することはあり得ない。日本政府は事実を認定する根拠があったか無かったかという発表しかしていない。

国境を接する国同士ではアメリカとメキシコも、一歩メキシコに入れば歴史は変わる。国境の街に建てられた銅像のパンチョ・ビリャはメキシコにとっては英雄だが、アメリカにとっては侵略者であり略奪者であるし、僅か1マイル足らずで歴史は変わる。アメリカ人とメキシコ人は仲良く互いを行き来するが何が問題かと言う。

韓国は歴史問題と言いながら、歴史問題にしたくないのだ。必ず政治問題にする為にあらゆる手段を使う。そして国のアイデンティティにおいても歴史問題を活用する。この段階で歴史に対する学問的なアプローチは不可能になるということだ。


ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


公告 公告

公告公告
公告 公告