|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,682年

Home
Japanese English Korean


ミサイル発射を止めない北朝鮮。目的は金王朝を守る為核開発の計画を進めているだけ

2022-01-30  カテゴリー:北朝鮮

ミサイル発射を止めない北朝鮮。目的は金王朝を守る為核開発の計画を進めているだけ

Photo by U.S. Department of State (licensed under CC BY c00)

北朝鮮が再びミサイルを発射し日本EEZ外に落下

松野官房長官は午前9時すぎ、臨時の記者会見を行い、北朝鮮から30日朝弾道ミサイル1発が発射され最高高度はおよそ2000キロメートル程度に達し、日本のEEZ=排他的経済水域の外側に落下したと推定されると明らかにしました。

松野官房長官は「北朝鮮は本日7時52分ごろ、北朝鮮内陸部から弾道ミサイル1発を東方向に発射した。

詳細は現在分析中だが、当該弾道ミサイルは通常の弾道軌道だとすれば、最高高度およそ2,000キロメートル程度、飛しょう時間30分程度、およそ800キロ程度飛しょうし、日本海側のわが国の排他的経済水域外に落下したものと推定される」と述べました。

外務省幹部は記者団に対し、松野官房長官が今回の発射に関連し「烈度の高い」と言及したことについて「発射されたミサイルの性能のことを指して、そのような表現にしたのだと思う。脅威がより高まっているということだ。

北朝鮮は、さまざまなミサイルを試験的に発射している状況とも見られ、今後、ICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験や、核実験を再開させる可能性もある」と述べました。

松川るい議員の洞察力

先日前防衛政務官だった松川議員が、「北朝鮮には明確な目標地点があり、そこに向かって計画を進めているだけだと考えています。」と答えていた。

金正恩は他国のことなどは本来どうでも良く、金王朝が未来永劫守られる北朝鮮を構築しているだけであり、他国からミサイル発射に対して批判があれば挑発で応じる。国連安保理の制裁決議を受けても何も変わらないのだから、正に松川議員が言ったことの方が真実に近いかもしれない。



POINT

北朝鮮は他国からの批判を利用し外交戦略として利用しているだけかもしれません。彼らは核ミサイル開発の目標地点に到達するまで止めないと考えた方が良いでしょう。



北朝鮮ミサイル発射 “EEZ外に落下 中距離以上か” 官房長官 | NHKニュース



公告 公告

公告公告
公告 公告