|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る

|政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る

皇紀2,682年


Japanese


フィンランドのマリン首相がNATO加盟に意欲 数週間で結論~ロシアはバルト海に軍備増強

2022-04-15  カテゴリー:ヨーロッパ

フィンランドのマリン首相がNATO加盟に意欲 数週間で結論~ロシアはバルト海に軍備増強

Photo by Laura Kotila (licensed under CC BY 4.0)

フィンランドがNATO加盟に意欲

フィンランドのマリン首相が13日、NATO加盟に向けて意欲を表明した。議会を通じて数週間で結論を出すとのことだ。ロシアを刺激しないよう中立を保ってきたが、今回のロシアの行動で考えが変わったとも発言している。

これに対して ロシアのプーチン大統領の最側近の1人で、安全保障会議副議長を務めるドミトリー・メドベージェフ氏は14日、スウェーデンとフィンランドが北大西洋条約機構(NATO)に加盟すれば、ロシアは地域での防衛力を高める必要があると警告、核兵器の配備も示唆した。

ロシアはバルト海に軍備増強

バルト海の軍備増強とは何かと言えば、カリーニングラードだろう。ロシアはバルト三国のリトアニア、ポーランドに挟まれたバルト海に面した地域に飛び地を持っている。ここに核兵器を配備するということだろう。

メドベージェフ氏は軍事的均衡を取り戻すためロシアはバルト海で陸海空軍を増強しなければならないと主張している。フィンランドは長い国境線でロシアと接しており、モスクワまでも僅か1,000km強と近い。サンクトペテルブルグまでは目と鼻の先という立地となっている。

但しカリーニングラードは飛び地であり、現状リトアニアを経由しなければロシアはそこにアクセスが出来ない。ウクライナに比べてさらに難しい立地と言えるだろう。

ロシアは黒海をNATOはバルト海を

フィンランド、スウェーデンがNATOに加盟した場合、ロシアにとってウクライナ以上に痛手になる可能性が高い。

ロシアは現在黒海への影響力を狙ってウクライナ南部を攻略しているが、フィンランド、スウェーデンのNATO加盟によりNATOはバルト海を手に入れることになる。

そしてカリーニングラードは完全にロシアと隔離された状態の飛び地となることになる。カリーニングラードを取られないようにロシアは核兵器を配備して防衛しようというのが本音かもしれない。


ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


米軍が2,000人東欧に派兵 欧州米軍1,000人がルーマニアに移動 ウクライナは孤立

2022-02-03  カテゴリー:ヨーロッパ

米軍が2,000人東欧に派兵 欧州米軍1,000人がルーマニアに移動 ウクライナは孤立

Photo by Kremlin.ru (licensed under CC BY 4.0)

東欧に米軍を派遣するもウクライナには派兵しない

バイデン大統領は2月3日、米軍を東ヨーロッパへ2,000人派遣することと、ドイツなどで駐留する米兵1,000人をルーマニアに移動させることを発表した。合わせて政府高官はウクライナの戦闘には参加しないことを発表した。

既にヨーロッパはウクライナへ派兵しないことを表明しており、アメリカは経済制裁以外のカードを提示していないことでウクライナ派兵は無いものと思われたが、今回の発表で改めてウクライナに派兵しないことを示したことになる。

この状態はロシアとウクライナ2国間の問題として切り離したということだ。ウクライナのゼレンスキー大統領はNATO加盟に向けて関係各国と、加盟前に想定される危機について何も根回しがされておらず、結果的にウクライナの危機を早めた結果となってしまっている。

  1. 2008年4月ブカレスト首脳会議にてウクライナは実質的な加盟準備(MAP)入りから外されるものの、将来的な加盟国と位置付けられる。
  2. 2014年3月クリミア併合。
  3. 2019年2月ゼレンスキー大統領は憲法を改正し、将来的なEU・NATO加盟を目指す方針を明記。
  4. 2021年4月イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長が北大西洋理事会(NAC)臨時会合後の記者会見時にウクライナに加盟申請の権利があると発言。
  5. 2021年12月ロシアがウクライナ国境付近に10万人を派兵。

ロシアへの経済制裁で破綻寸前まで行ったウクライナ

2014年のロシアによるクリミア併合に対して各国は経済制裁を課した。その結果ロシア経済には大きな打撃となったが、同時にロシア経済に依存するウクライナ経済が多大な損害を受けた。

2014年にウクライナGDPは7%も下落し、ウクライナ通貨のフリヴニャは1ドル16フリヴニャだったものが2015年2月には1ドル34.2フリヴニャまで下落し経済危機を迎えた。

それを受けてウクライナ政府は金利を30%値上げするという驚きの政策に出ている。2015年3月11日にIMFはウクライナ政府に対して4年間で175億ドルの財政支援措置を行うことに合意した。

つまりNATOがウクライナへ派兵しないとなれば、ウクライナはロシアと対峙する力は無く、NATO加盟の意向を取り下げなければロシアは進攻し、ロシアに対する経済制裁が発動する。

そこで経済危機に陥るのはウクライナとなる。ゼレンスキー大統領に秘策はあるのだろうか。あるとは思えない。



POINT

今回の事件はやはりゼレンスキー大統領の読みがかなり甘かったと言えます。ウクライナ進攻が行われたら経済危機に陥るのはウクライナとなります。



米バイデン大統領が派遣命令…米軍が東欧へ

ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


ウクライナ問題から見る台湾問題。ウクライナとロシアの歴史関係を見る

2022-02-01  カテゴリー:ヨーロッパ

ウクライナ問題から見る台湾問題。ウクライナとロシアの歴史関係を見る

Photo by George Chernilevsky (licensed under CC0 1.0)

ロシアがウクライナを手放さない理由

ロシアが歴史上の意味でウクライナを手放さないだろうと考えるのは、歴史上においてロシアの起源はキーウだからという理由は大きい。キーウは長い間ロシアの首都だった。

13世紀前半にキーウ大公国がモンゴル帝国に滅ぼされ(タタールの軛)実質上ロシアの主要都市は200年間中国の支配下となった。

モスクワ大公国による地域奪還以降は首都はモスクワとなり、後に1713年ピョートル大帝が中国経済圏、文化圏から脱する為サンクトペテルブルグに首都を移し、ロシアのヨーロッパ化政策が行われる。

ペテルはピョートルの語源であるイエスに仕えた使徒の名前だ。英語圏ではピーター、スラブ語圏ではピョートル、ドイツ語ではペーテル、フランス語ではピエールとなる。全てどこかで聞いた名前だろう。

1917年レーニンが革命を起こし首都は現在のモスクワとなった。

現在の構図で考えれば両国の歴史は別と言うが

私が世界史を習った時にはこんな感じだったが、ロシア帝国はウクライナの東半分を、ソ連時代はウクライナを包括していた。

ウクライナ独立後もロシアの起源はキーウとする考え方が主流だ。現在ウクライナは独立しているので、ロシアの起源はモスクワ大公国であり、ウクライナの起源はキーウ大公国だと説明をするものも多い。

いずれにしても同じエリアで起ったものであり、大差は無いだろう。


ロシアの歴史
  1. キーウ大公国 (9c–12c)
  2. ウラジーミル・スーズダリ大公国 (12c–14c)
  3. ノヴゴロド公国 (12c–15c)
  4. タタールの軛(モンゴル) (13c–15c)
  5. モスクワ大公国 (1340–1547)
  6. ロシア・ツァーリ国 (1547–1721)
  7. ロシア帝国 (1721–1917)
  8. ソビエト連邦 (1917–1991)

台湾を化外の地としてた清朝

この問題は台湾問題と共通する点が多い。少なくとも習近平主席は台湾は歴史上中国であることや、同一民族であることを主張している。

唯一違う点は中国は台湾を「化外の地」と呼び交流をしてこなかった。

1871年宮古島島民遭難事件が発生し台湾人による日本人漁民の殺害事件が起き、57名が死亡した件について清朝に抗議した際、台湾の化外の民がやったことだから清朝に責任は無いと答えている。

ウクライナと同じ構図で考えるならば西安市を中心とする文化圏がNATOに入るようなものを考えたら同等となる。いずれにせよ、今回の動きは中国の主張を国際的に正当化する前例となるだろう。



POINT

ウクライナ問題、台湾問題は長い年月を掛けた歴史、民俗、領土、安全保障など多くの問題が共通しています。



ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


NATOはウクライナには派兵しない。分離されたウクライナ。事前交渉はなかったのだろうか?

2022-01-31  カテゴリー:ヨーロッパ

NATOはウクライナには派兵しない。分離されたウクライナ。事前交渉はなかったのだろうか?

Photo by U.S. Department of State (licensed under CC BY c00)

欧米はパニックを作り出さないように

ウクライナ大統領のゼレンスキー氏は、欧米の首脳に対して、今にもロシアが進攻してくるかのようなパニックを作り出さないよう求めた。ウクライナの外国資本が撤退をしていることで経済的な影響を抑えたいということのようだ。

欧米から切り離された状況

NATOはウクライナに派兵をしないと表明し、アメリカは経済制裁のみを提示している。現在の状況はウクライナは軍事的な面で切り離された状況となった。

そもそもウクライナのNATO加盟申請が発端となった問題だが、それをプッシュバックしようという流れだ。つまり、ロシア進攻を回避するためにはウクライナ自らがNATO加盟申請を取り下げる道しかない。

仮にウクライナが申請を取り下げなかった場合ロシアが進攻しても米軍及びNATO軍はウクライナに入らない。

欧米から切り離された状況

欧米がパニックを作り出しているという発言には疑問点が多い。ロシアが進攻して来たら経済どころではない。その為各国はウクライナから撤退しているのだ。

このゼレンスキー氏はコメディアン出身で人気を得て大統領になった。NATO加盟申請は希望の通りだろうが、そこから発生する諸問題について予め関係諸国との連携構築を行ったのかどうか、甚だ疑問だ。

ウクライナは2014年にクリミア半島をロシアに奪われ、次なる進攻を懸念しNATOに加盟したいという立場は良くわかるが、現在の状況を想定しなかったのだろうか。

NATO加盟前にロシアが進攻してくるという現在の状況だ。これはゼレンスキー氏の明らかな失策だろう。



POINT

ウクライナはNATO加盟申請を行ったものの、NATOからの派兵は行われないようです。これは事前に交渉すべき内容のような気がします。



ウクライナ大統領、西側諸国は「パニックを作り出すな」 ロシアとの緊張めぐり - BBCニュース

ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


駐ウクライナ日本大使館を縮小、日本人へは渡航中止勧告。ロシアはキーウを包囲

2022-01-31  カテゴリー:ヨーロッパ

駐ウクライナ日本大使館を縮小、日本人へは渡航中止勧告。ロシアはキーウを包囲

Photo by US Central Intelligence Agency (licensed under CC BY c00)

駐ウクライナ日本大使館縮小へ

米英が駐ウクライナ大使館職員の国外避難を決めたのち、日本は危険情報の段階を、2番目に高い「レベル3」に引き上げ、渡航中止勧告と全ての日本人に対する国外避難を呼びかけ、大使館員の一部退避などによる大使館機能の縮小を決めた。

米露外相会談は実質的に決裂した状態のまま、ロシア軍は、ウクライナ国境付近に駐留、ベラルーシや、クリミア半島にも駐留しほぼキーウを包囲した状態となっている。

あまりにも近い首都キーウ

ウクライナの首都キーウはロシアの首都モスクワまで850km程度であり、ベラルーシ国境までは僅か150km、ロシアの国境までは350km程度しかない。

現在ウクライナはNATO加盟前でありウクライナ国内にはウクライナ軍が居るだけであり、西欧諸国からの距離は遥かに遠い。

物理的に考えてもロシア軍が進軍したらNATOが救援に行ったとしても間に合わず、一瞬で終わってしまうだろう。将棋で言ったら既に詰んだ状態である。

逆にロシアから見れば、ウクライナがNATOに加盟した場合、ロシア国境付近までNATO軍が駐留したとすれば、首都モスクワまで程近い場所にNATO軍が駐留する形となる。

ロシアにとってウクライナを進攻するのは、NATO加盟前の今しか無いということになる。

アメリカは本当に核保有国と戦争をするのか

この状況を興味深く見ているのは習近平主席だろう。アメリカはウクライナ進攻に対して経済制裁というカードしか提示していない。

台湾有事の際にアメリカの本気度が試される。同盟関係にない国をアメリカが本当に米兵を投入し核保有国と戦争をするのかどうかだ。

経済制裁に対して領土侵略を諦めるかどうかは不透明だ。領土拡張は半永久的な利益であり、経済制裁は短期的でその後関係回復は様々なチャンネルで可能なのだから、ディールとして成立するだろうか。

2014年クリミア併合においてもロシアは経済制裁を受けている。



POINT

ウクライナ進攻はプーチン大統領の決断一つだと言われています。ウクライナはロシアにとって経済的な利益は大きい地域であるため、進攻の懸念が広がっています。



ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line

Next5>


公告 公告

公告公告
公告 公告