|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る

|政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る

皇紀2,682年


Japanese


慰安婦合意で「合意できない点」は何?「合意できない人」は誰なのか~日韓政府間では合意済み

2022-06-18  カテゴリー:慰安婦問題

慰安婦合意で「合意できない点」は何?「合意できない人」は誰なのか~日韓政府間では合意済み

Photo by Lisy_ (licensed under pixabay)

34人が受け入れた慰安婦合意

2015年慰安婦合意で最も重要な問題は、日本が10億円を拠出し設立した財団を通じ、慰安婦被害者46人のうち34人が支援金を受け取ることで合意を受け入れ、12人が拒否をしたということになっている。逆に言えば慰安婦合意によって設立された「和解・癒やし財団」はこの12人の為に設立されたようなものと考えるべきだろう。

その財団を文在寅大統領元大統領は解散した。正に本末転倒な措置なのだ。慰安婦財団の設立の目的は「全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復,心の傷の癒やしのための事業を行うこと」と合意文書に記されている。

挺対協は癒し財団にはならないのか

さて、ここであまり触れられていない重要な部分がある。このいわゆる癒しの為の事業を行うべき団体は、当時の「挺対協(後の正義連)」ではなかったのだろうか。慰安婦問題を訴える集会やデモ、慰安婦像の設置などを行ってきた団体である。

慰安婦に寄り添い、慰安婦の名誉と尊厳の回復に努めてきたのは「挺対協」だと彼ら自身が思っていただろうし、これらの問題を見守ってきた韓国国民のほぼ全員がそう思っていたはずなのだが、両国政府は別の団体を設立すると合意したのだ

合意できない点とは何か

つまり、その後発生した「合意できない点」というのはこの部分ではないかと思うのだがどうだろう。両国政府は合意の性質上、「挺対協」は相応しくないと判断したことは明らかである。だからこそ新たな財団の設立を決めたのだ。このことにより「挺対協」は完全に慰安婦問題において立場を失う

合意できない人とは誰か

韓国側の発表では、慰安婦の同意が得られないままに2015年の慰安婦合意が結ばれたとし、財団の解散は人権に配慮した措置だと説明をするのだが、果たしてどうなのだろうか。挺対協にとってこの「和解・癒やし財団」の設立は納得できるのだろうか。

財団解散と勢力を伸ばそうとする正義連

慰安婦の一部が合意に納得しないことを理由に文在寅大統領は「和解・癒やし財団」を解散させ、「挺対協」は「正義連」に名称変更、挺対協の代表だった尹美香は国会議員となるのだ。

日韓政府間では合意済み

いずれにせよ、日韓の政府間では合意済みであることは間違えが無い。この合意について、元慰安婦が合意しないのか、現在の正義連が合意しないのかは定かではないが、両国政府が対応しないことに変更は無い。


ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


慰安婦像撤去を求める韓国人団体がドイツを訪問予定 反日活動も阻止する活動も世界へ

2022-06-09  カテゴリー:慰安婦問題

ドイツ訪問予定の韓国団体

金柄憲(キム・ビョンホン)国史教科書研究所所長、 李宇衍(イ・ウヨン)洛成大経済研究所研究委員、朱玉順(ジュオクスン)ママ部隊代表、吉田賢治氏(韓国名キム・ミンソク)等は、今月25日から30日までベルリン市を訪問し、区役所関係者と面会し現地に設置された慰安婦少女像の撤去を正式に要請する予定だ

キム所長らは昨年 「慰安婦詐欺清算連帯」を結成、正義連の集会に対して毎週対決集会を繰り広げるなど、慰安婦像が象徴する慰安婦問題の偽りを暴露してきた。 <--/記事抜粋>

反日団体を糾弾する韓国人による活動

イ・ウヨン氏とは、日本でもベストセラーになった「反日種族主義」の共同執筆者であり、ジュオクスン氏は、日本が韓国をホワイト国から外したことにより、韓国内でNo Japan運動が過熱する中において対立するデモ集会を開き、

「安倍首相、私たちの指導者が無力で無知で日韓関係を破壊した。心から謝罪する」とし、韓国政府の対応を糾弾してなんと日本政府立場を擁護する活動を行っていた人物だ

歴史学者らとの連携

彼らは反日運動を行う様々な団体と真っ向から対立する団体であり、日本統治時代の歴史にも詳しく「慰安婦は売春婦」と発言して訴訟を起こされた延世大学の柳教授や、「反日種族主義」の李栄薫氏、ハーバード・ロースクールのマーク・ラムザイヤー教授、日本では麗澤大学客員教授の西岡力氏とも連携する。

慰安婦集会の場所を徹夜で取得

元慰安婦や正義連を中心とした水曜集会のすぐ近くで慰安婦の嘘を暴くデモを行ったり、水曜集会の集会場所利用の届け出が出る前に同じ場所を徹夜で申請し、確保して慰安婦らによる活動を妨害するなどの徹底ぶりだ。

慰安婦問題は誰の問題か

慰安婦問題を始め、徴用工問題についてもそうだが、日本と韓国は1965年の日韓請求権協定によりこれらの問題を包括的に解決とすることに合意した。それ以降に起こっている問題は両国の問題では既になく、各々の国内問題である。国内問題は国内で解決すべきものだというのが日本の考え方だ。

彼らの活動が広がり歴史の真実が明らかになって行く時、真の意味で解決となるのだろうか。少なくともこれは韓国人同士で解決すべき問題なのだろう。日本が謝罪したりして来たことは逆に事実を捻じ曲げ、一時的な対応策に過ぎなかったことはこれまでを見れば明らかである。


한일우호 활동가들, 위안부상 철거 위해 독일 베를린으로 떠난다

ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


李容洙氏(元慰安婦)の証言は矛盾だらけ これを国際問題にする韓国市民団体の恐怖

2022-06-01  カテゴリー:慰安婦問題

李容洙氏(元慰安婦)の証言は矛盾だらけ これを国際問題にする韓国市民団体の恐怖

Photo by 許氏 (licensed under CC0 1.0)

二転三転する元慰安婦の証言

以下に掲載するのは、韓国の元慰安婦としての中心人物であり活動家である李容洙(イ・ヨンス)氏の証言の変遷だ。「慰安婦は売春婦」だと講演した延世大学の柳教授が、正義連(慰安婦団体)から訴えられた裁判では、柳教授側はイ・ヨンスの証言の曖昧性について指摘し、証人としての出廷を要請している。

証言の信ぴょう性はおろか、正義連、本人である李容洙氏は、彼女が慰安婦であったとする証拠すら提示することができなかった

冒頭の画像にある通り、慰安婦は新聞公募によって募集され、当時の貨幣価値として破格の給金が支払われてた。


李容洙の証言

1992年証言 私はその時16才なのに、裸同然でで着ることもできずに食べることもできずにいるのに、ある人がワンピース一着と靴一足を持ってきてくれました。 それをあげるから行こうって言われて、それをもらって···。 その時は、そういうことも知らずにいいと思ってついて行きました。

1993年証言 私の同い年の友達にキム·ブンスンという子供がいたが、その母親は酒商売をしていた。 ある日、私がその家に遊びに行くと、その母親が「お前の靴一つ正しく履けずに、これは何という子供だ。お前はうちのブンスンとあそこに行きなさい。 そこに行けばごまんとものが全部あるんだよ。 ご飯もたくさん食べるだろうし、あなたの家も豊かに暮らせるようにしてくれる」と話した。

2004年証言 大邱高城洞(テグ·コソンドン)で16歳まで暮らし、1943年のある夏、16歳の時、鼻と口しか見えない帽子をかぶった日本軍関係者が、町内の姉4人と一緒に私たちを強制的に連れて行った。
どこに行くのかどうして連れて行くのかも知らなかった。
窓のない汽車に私たちを乗せたが、行かないと言ったら朝鮮人と言って靴で踏んで殴った。
家に帰ると言ったらまた殴ったよ。 あまりにもたくさん殴られて歩くこともできないほどだった。

2006年証言 15歳だった1942年頃、家で寝ていたが、日本軍によって台湾に連れて行かれた。

2014年7月証言 15歳になった年のある日、日本軍人が「来い」という手振りをした。 怖くて逃げたが、また別の日本軍人に捕まって汽車に乗って台湾のある日本軍部隊に連れて行かれた。

2014年9月証言 16歳でワンピースと赤い革靴を見せながら「お腹いっぱい食べさせてあげて、家も豊かに暮らせるようにしてあげる」という日本人男性の言葉にだまされ、友達と一緒について出た。 中国を経て台湾の慰安所に強制動員された。 慰安所の主人だった。 この主人に電気拷問も受けた。

2017年証言 15歳で家で寝ていたが、日本軍によって連れ去られた。

<翻訳抜粋:韓国wiki>

アメリカでも証言台に立った李容洙

李容洙氏はアメリカでの慰安婦活動にも参加し、2007年に米下院で可決した「日本政府に対し謝罪を求める決議案」採択にあたり、同院での証人として出席し、証言を行っている。

慰安婦問題は正に李容洙氏の証言、そして慰安婦団体である挺対協(現在の正義連)によって人権運動の名目で、韓国内だけではなく全世界に展開されているものだ。

何度も検挙された人身売買ブローカー

当時(日韓併合期)の新聞記事によると、朝鮮人の人身売買ブローカーが少女を拉致し売却する犯罪を、日本の警察が何件も摘発している。人身売買ブローカーとは身分制度が存在した朝鮮時代に奴婢は、この人身売買ブローカーを通じ牛の頭などと交換されていた。

35年は社会の変革にはあまりにも短い

日韓併合期は僅か35年程度であり、それまで500年以上も続いた文化風習や、社会的習慣が消えて無くなる程の時間では勿論ない。

奴婢制度を支えていた人身売買ブローカーも、仕事をしなければ収入は絶たれるのだし、奴婢も戸籍制度上存在しないとはいえ、厳然として同じような境遇で生活している人は多く取り残されていたと考えられる。

農村から貧しい家庭の娘たちを騙して売買することは当時の朝鮮半島では頻繁に行われていた。


ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


強制性の文字を記載しなかった慰安婦合意 日韓両政府は強制性を認定していない

2022-02-10  カテゴリー:慰安婦問題

強制性の文字を記載しなかった慰安婦合意 日韓両政府は強制性を認定していない

Photo by Lisy_ (licensed under pixabay)

恣意的に歴史を認定した河野談話

日本では政治が歴史を認定したり評価をしたりすることは無い。政治家にそのような権限は無いからだ。敢えて歴史に含まれるものとして政府機関に保存された過去の資料は事実確認の上で国会でも採用される。

吉田証言から始まり、河野談話については強制性について言及するものであった。河野談話の最も重大な欠陥は政府閣僚として過去の資料に基づかず談話を発した。つまり恣意的に歴史を認定したことだ。

強制性を示す証拠は無いと閣議決定

安倍政権下において慰安婦募集について強制性を示す証拠は発見されなかったとする結論を2007年閣議決定した。これは河野談話を破棄せず談話より上位の閣議決定により一部修正を行ったということになる。

安倍元総理は強制連行は無かったとは表現していない。証拠が無かったと言っているのみだ。

強制の文字が記載されなかった慰安婦合意

2015年慰安婦合意には強制性の文字は記載されなかった。日韓問題の中でこの強制性という部分は最も核心的な問題であるにも関わらずだ。

日本側は閣議決定を踏襲し会談に臨み、韓国側も強制性の証拠を提示できず、この文言を省くことに合意したということになる。

慰安婦合意の重要な部分は、「この問題が最終的かつ不可逆的に解決」という部分よりも、強制性を両国が認定しなかったことだ。強制性が確認できないのであれば慰安婦問題は最初から存在しない問題ということなのだ。



POINT

強制性を示す証拠について日韓両政府はこれを認定しませんでした。慰安婦問題そのものが無効となったということです。



ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


新聞公募により募集された慰安婦 強制連行を必要性の観点で見た場合疑問が多い

2022-02-06  カテゴリー:慰安婦問題

慰安婦の強制連行は必要だったか

慰安婦の強制連行は必要だったかどうかが最も疑問な点だ。

元慰安婦とされる李容洙の証言の嘘の問題はさておき、現代の国々を見ても日本を見ても性風俗産業は厳然として存在し、需要と供給のバランスは取れているように見える。

つまりそれを求める男性と、職業としてサービスを提供する女性の割合である。韓国ではどうでしょうか。性風俗の倫理的問題は置いたとして、強制連行しなければならないという状況ではない。因みに日本の失業率は9月の集計で2.8%です。

朝鮮半島は日本統治下に近代化した

当時は、朝鮮半島は貧しくて職業に就けない人も多かったというが、日本からの多額の投資によって失業率は大幅に下がり、朝鮮半島そのものが驚くように近代化し発展していった時代だ。

戦時中は日本も決して裕福ではなかったが、就職するためには男性から先に雇用されていくだろう。経済的に就職が必要な女性は現在より多いのだろうか。人類が生まれた後、あるいは自然界における男女の割合は大体1:1である。簡単な算数の問題だ。

新聞公募による慰安婦募集

当時の資料として残っているように慰安婦は新聞広告によって公募されている。そして売春行為そのものは当時の法律で合法的なものであった。

その上、大学卒業の男子の何倍もの給料が支給されている。それで十分に人材は集まったと思われるのだ。

主に兵士に対しての慰安婦であるのだから、男性人口全てを対象としている訳ではないし、現在の何倍もニーズが無ければ強制連行という話にはならないだろう。何故30万人が強制連行されるのか疑問点が多い。



POINT

当時の慰安婦は多額の給料が支給され、韓国に戻れば家が買える程のお金を僅か2年程で得ていました。



ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line

Next5>


公告 公告

公告公告
公告 公告