|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る

|政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る

皇紀2,682年


Japanese


東条英機の墓は愛知県三ヶ根にある~中国・韓国の靖国神社参拝反対は無知からくる文化干渉

2022-06-25  カテゴリー:日本文化

東条英機の墓は愛知県三ヶ根にある~中国・韓国の靖国神社参拝反対は無知からくる文化干渉

Photo by Sato S (licensed under CC BY-SA 3.0)

愛知県三ヶ根に眠る東条英機

掲載した写真は愛知県西尾市の三ヶ根山にある殉国七士廟だ。東京裁判よって死刑を執行された7名の軍人・政治家を祀っている。

祀られているのは東条英機、土肥原賢二、板垣征四郎、木村兵太郎、松井石根、武藤章、広田弘毅である。彼ら7人の遺骨はこの廟の下に納められているという。つまり東条英機らの墓はここにあるということだ。

中国や韓国は何を要求しているのか

それでは中国や韓国は一体何を言っているのだろう。彼らは靖国神社には戦犯が祀られているから総理大臣は行ってはならないという。ドイツの首相がヒトラーの墓参りをするかと声高に叫ぶのである。

全ての墓は別の場所にある

上述の通り墓は別の場所にある。神社は神社である。靖国神社に祀られている英霊は246万6千余柱と言われているが、彼らの墓は各々彼らの地元ないし家族の手によって建立されているだろう。

日本の総理大臣が愛知県にある殉国七士廟をお参りに行ったのだろうか

神社は墓ではない

神社には神座があるのみで、神様がお出ましになりお座りになる場所とされている。神社は墓ではないのだ。神座を分けることは本来できない。もし分けるとすればそれは分祀である。

靖国神社を墓地と思っている

中韓は戦犯を別に靖国神社を分けろと要求するが、これも墓の考え方だろう。英霊の遺骨は靖国神社のどこにも埋葬されていない。集合墓地のようなものと勘違いしているのだ。

墓を掘り返す国韓国

韓国では先日も朝鮮戦争の英雄として韓国の国立墓地に埋葬されている人物が、旧日本軍に従軍していたという理由でなんと墓を掘り返されていた。日本からすると異常極まりない文化を持つ国なのだ。そもそも神社は墓ではないこと以前に、墓に対する認識もその程度なのだ。

日本中に靖国神社を

結論を言えば靖国神社を分祀したら靖国神社が2つになり、10に分祀したら靖国神社が10社になるだけだ。日本中に靖国神社を置くというのも良い考えかもしれない。いちゃもんをつけてくる連中を日本から遠ざける魔除けになるかもしれない。


ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


日本の文化財登録を毎度邪魔する韓国~ウリナラ起源説は文化の意味を知らない文化砂漠が原因

2022-06-22  カテゴリー:日本文化

日本の文化財登録を毎度邪魔する韓国~ウリナラ起源説は文化の意味を知らない文化砂漠が原因

Photo by UFshio (licensed under CC BY-SA 4.0)

日本の文化財登録を毎回邪魔する韓国

日本の和紙は2014年にユネスコ無形文化遺産で登録された。この時問題が起こった。紙の製法は朝鮮半島から日本に伝わったのだから、韓国のものだと主張し、日本を泥棒国家だと喧伝して回り、文化登録の妨害活動を繰り広げたのだ

和紙の起源は中国に遡る。そして和紙の製法や品質について日本で独自の進化を遂げたものである。当たり前の話だが、ユネスコは国際常識に従って日本の和紙を登録した。

空手は中国から伝来した唐手が起源

空手は日本の武術である。中国から沖縄へ、唐手として中国武術が伝達されて、日本で独自の進化をし空手の形となった。日本人の多くが知っている話だ。逆に言うと、空手は中国には存在しない。中国は中国武術の発展を行っているからだ。

カリフォルニアロールはアメリカの寿司

アメリカの寿司で、カリフォルニアロールというものがある。アボガドやマヨネーズなどを使った巻き寿司だ。あれを寿司と考える日本人は少ないだろう。仮にカリフォルニアロールが無形文化遺産登録を行ったとしても、文句をいう日本人は居ないはずだ。むしろ応援するだろう。



MEMO

韓国は日本の文化は韓国発祥だと訴えます。この他にも侍、芸者、茶道、柔道なども韓国が発祥だと主張しています。



最強柔術一家のグレイシー一族

ブラジリアン柔術は、グレイシー一族が掲げる柔術であり、日本の柔術を学んで発展させた。しかし、ブラジリアン柔術を日本のものだと主張する日本人を見たことが無い。あれはグレイシー一族のものである。

タイ人を激怒させる韓国

韓国は、タイのムエタイも韓国起源だと主張して、タイ人を激怒させた。タイ人は歴史上中国南部に住んでいた民族であり、中国武術、インドの武術の源流を想像する(具体的な記録は無い)。しかしムエタイは中国武術でもインド武術でも無い。ムエタイはタイの格闘技であり、タイの国技である。

文化の意味を知らない韓国

文化が発展するにあたりどれだけの人が、どれだけの時間をかけて努力をして、発展させてその国の文化として定着させたかについての想像力が最低限必要だ。

これは文化や伝統に対する理解と敬意の問題である。むしろこのような努力や経験が無い為に、韓国は易々と他国の文化を自国起源だと言い出すように見える。



POINT

キムチの起源が中国の泡菜であるとの中国の主張に対し、韓国人が激怒し論争になった際、文化的コンプレックスの表れだと中国から揶揄されました。



ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


陰影礼賛、和洋折衷の日本 大陸は文字を廃止し過去を破壊した 全く違う歴史へのアプローチ

2022-06-08  カテゴリー:日本文化

陰影礼賛、和洋折衷の日本 大陸は文字を廃止し過去を破壊した 全く違う歴史へのアプローチ

Photo by 森正洋デザイン研究所 (licensed under CC BY 3.0)

日本文化と陰影礼賛

日本文化について考える時に、谷崎潤一郎の「陰影礼賛」を思い出すことがある。中学校時代の国語の授業に、何やら難しい文章が登場し理解に苦しんだから記憶している。その文化が生まれた背景を知ることで日本文化の素晴らしさを再発見できるというような内容だった。

薄暗がりで美しい日本の漆器

日本の漆塗りの技術について、黒をベースとした日本の漆器は、電気が無い時代に、蝋燭などの薄暗がりの食卓において浮かび上がる器が、美しく映ることを追求したのが日本の漆塗りの技術であるということが説明されていた。

電球の光の中では黒い器は合わないのだろうか、白い皿やガラスのコップが珍重されるようになった。しかし蝋燭の明かりの薄暗がりの中で日本の器で食事をしたら美しいことに気づくというものだ。

日本人が目指したのは両立と調和

端的に言えば日本では和洋折衷という言葉がある。明治、大正時代に西洋文化が大量に流入するが、日本人は日本古来の文化との両立と調和に務めた。両立と調和による継承である。

福沢諭吉は西洋文化は流行り病のようなものだと表現した。それに抵抗してもその感染を防ぐことはできないのだから、それらを受け入れた上での考え方が必要だと説いた。

日本が両立と調和を求めたのは器や文化風習だけではなくそれらを伝える文字や文書についても同じだった。

大陸で行われたのは過去の否定

一方大陸で起ったことは様相が違うようだ。中国の文化大革命とは何だろうか。社会主義、共産主義を導入するにあたって、自らが誇って来た歴史的な中国文化を破壊する運動であったし、実際に文化財を破壊し、それらを守ってきた人々を惨殺した。

韓国では漢字を廃止

韓国ではどうだろうか。戦後独立国となってから1948年にハングル専用法により公文書をハングルで記すことが決定され、1970年には漢字廃止宣言がなされ、教科書から次々と漢字が消えて行った。ハングルを民族の文字とすることは問題はないように見えるが、漢字を廃止することで過去の文書を読むことができなくなったのだ。文字を廃止するという取り組みは日本人からすると理解不能だ。

簡体字の導入で過去が読めない

中国の文化大革命で導入された簡体字(簡素化し記号化した現在の漢字)についても同じ意味が在る。繁体字(旧来の漢字)を簡体字に置き換えることで、それ以降の学校教育を受けた人々は過去に繁体字で書かれた文書を読むことが出来なくなった。

現在繁体字を使用するのは日本、台湾、香港だ。文化大革命の影響を受けたかったことが原因となる。

過去の文書が読めなければ歴史も読めない

特に韓国で歴史認識があまりにも自由自在に変化するのは、過去の文書へのアプローチができないことも大きな原因だともいえる。

日本統治時代はもちろん、それ以前の文書は漢字で書かれており、それら一切を現代の韓国人は読むことができない。おそらく読もうという気すら無いだろう。歴史は既に文書の中に存在するものでは無いというのだろうか。

なんともアジア人として嘆かわしく情けないことだろうか。国民意識や文化とはそのような方法で醸成されるものだろうか。いずれも日本では考えられないことである。


古文、漢文を学ぶ日本

日本は過去の文字を活用し続け、万葉仮名とよばれた平仮名で音を補強し日本語の記述を発明した。

過去の文章も言い回しや形容詞が違ったりするのだから、日本の教育では古文や漢文を学び過去の文書を読もうとする。過去に生きた日本人の考え方や文化風習に触れる為である。

過去を焼却し歴史を作る大陸

そもそも大陸の歴史とは戦争により王が王を殺害し王朝交代が行われる。その際には過去の王朝が築いた多くのものは破壊され、悪い王を倒して良い王が君臨したという構図を作り出す。その際に「焚書」というものが行われる。前王朝時代の文書を燃やして破棄してしまうのだ。歴史の破壊と捏造は今に始まったことではないのだ。

日本の皇族は存続し続けた

日本の王朝は正に天皇家以外に存在せず、いかなる時代においても日本の皇族は守られ維持されて来た。日本人はいかなる社会の変化においても天皇家を廃止しようなどと考えたことも無かったのだ。その為2,682年間も天皇陛下を擁した日本が存在して来たことを知ることが出来るのだ。

つまり大陸における過去へのアプローチと、日本の過去へのアプローチは根底の部分から全く違うのだ。


ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


素材の味を引き出す日本料理 香辛料を輸入できなかった日本独自の進化

2022-02-05  カテゴリー:日本文化

素材の味を引き出す日本料理 香辛料を輸入できなかった日本独自の進化

Photo by Syced (licensed under CC0 1.0)

香辛料が手に入らなかった日本

日本料理はユニークだと言われる。日本料理は香辛料を殆ど使わない。西洋は香辛料を求めてアジアを植民地化した。

西洋料理にとって胡椒とは肉の臭みを消すための魔法の粉であり、パンチェッタなど保存肉にも胡椒は欠かせない。

日本はその時代、鎖国をしていたため、香辛料が手に入らなかったということもあるが、明治維新以降、今に至っても香辛料を多く使う料理は無い。

韓国の料理は唐辛子をふんだんに使うが、唐辛子は秀吉の朝鮮出兵の際に日本からもたらされたものだ。醤油は中国に由来する。

中華料理と日本料理の特徴的な違いは、中華料理は油を大量に使うが日本人は油を好まない。その結果日本人の長寿に繋がった。

グルタミン酸を発見した日本人

日本料理の基礎は出汁だ。日本では魚介類から取れる旨味成分を歴史的に使う。味の素のグルタミン酸は日本人の池田菊苗が発見したものであり、世界の料理を美味しくしたと言われている。

グルタミン酸は旨味成分の一つで、これも日本人の素材に含まれる味や成分に対する探究から生まれた。



MEMO

1907年に池田菊苗が昆布からL-グルタミン酸ナトリウムを抽出することに成功しています。



西洋で出汁の概念としてはコンソメスープを使うフランス料理などがある。イタリアは魚介を煮詰めたりトッピングとして炒めたりするので、結果的に出汁が取れる。

スープで食材を煮詰めたら出汁が取れる。世界的に有名なスープはボルシチやトムヤンクンだ。

素材の味にこだわる日本料理

外国人は日本の寿司は新鮮だから美味しいという人が多いが、そんなことは無い。高級な寿司店では、マグロをその店の技術で適正期間熟成させて旨味成分を十分引き出した素材で寿司を握る。

日本は香辛料が無かった為、素材の味を十分に引き出す技術と調和を追求したことによって現在の姿が在る。これが世界の料理の中でユニークなのだ。



POINT

長い期間の鎖国時代に香辛料が日本に入ってこなかった為、日本料理は独自のスタイルとして発展してきました。



ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line


夫婦別姓問題は日本の家族概念を変えるのか 論点は男女平等ではなく日本固有の「家」の概念

2021-11-04  カテゴリー:日本文化

夫婦別姓問題は日本の家族概念を変えるのか 論点は男女平等ではなく日本固有の「家」の概念

Photo by 内閣府 (licensed under CC BY 4.0)

夫婦同姓は男女差別か

選択的夫婦別姓問題が最近日本で話題になっている。夫婦同性を法で定め、戸籍制度を持つのは世界で日本だけとなる。

これが男女差別だとして、夫婦が別姓持つことを容認するという主張だ。事の発端は、結婚した場合概ね女性は男性の姓を名乗る為、職場でこれまで通り旧姓を使いたいとか、社会的な手続き、銀行その他各種契約などの記載変更手続きが大変だというものだ。

しかしこれを男女差別と捉えるのは論理的に間違えている。なぜなら現行法では男女いずれかの同一姓を選択するということになっているから平等性は担保されているのだ。問題は夫婦が同一姓を名乗ることの意味についてとなる。

日本古来の家の概念

日本は古来から家の概念として、結婚すると家に入るということとなる。結婚した女性は男性の家に入り家族となる。その祖先も含めてその家の一員となる文化的な背景がある。そしてそこに生まれた子供はその家の姓を名乗る。

日本は家という概念を重んじ、家の名に恥じない行動をすることを教育される。家紋というものは家の象徴となる。

西洋などでは少し考えが違う様だ。子供は父と母の両方の家に属すると考えるようだ。これだと、祖父や祖母は4人となり4人に属す。次は8人に属するという考え方になるのだろうか。遡れば100人に属することにもなる。

つまり日本の家の考え方は全く無いのだ。日本は1つの家を辿って先祖を探す。このような点で欧米諸国を参考にという意見はかなり乱暴な意見のようだ。

日本の家の象徴

家の象徴として日本には天皇家がある。夫婦別姓問題と男系継承問題と無関係のようで関係が深い。

日本古来の家の概念を天皇家は頑なに守ってきた。皇族に入るということは、天皇家に入るということになる。皇族は唯一無二の存在として姓を持たない。皇室男性が結婚したら結婚相手の女性は姓が無くなる。

これは皇室典範に定めたことだが、今回の眞子内親王殿下のように女性皇族が結婚して一般人となる場合、旧女性皇族が旦那の姓を名乗りたくないと言った場合、一般人であるのだから現行法に慕うこととなる。

そうするとその女性は皇族のままになるのだろうか。もしくは姓を持たずに一般の生活をするのだろうか。自民党は夫婦別姓には消極的だ。それは男女平等問題ではなく日本特有の文化的背景と、社会の基礎である日本の家の概念の問題と捉えているからでもあるのではないだろうか。


ランキング参加中です。クリック応援お願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング



[関連記事]

記事をシェア:twitter Facebook Line

Next5>


公告 公告

公告公告
公告 公告