|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,682年

Home
Japanese


李承晩は日本を嫌い歴史を作り替えた 現政府が「より良い政府」とするために繰り返された粛清

2022-05-30  カテゴリー:日韓併合

李承晩は日本を嫌い歴史を作り替えた 現政府が「より良い政府」とするために繰り返された粛清

李承晩 Photo by Unknown author (licensed under CC0 1.0)

親日粛清は韓国の歴史

終戦後、韓国政府が最も嫌ったものが「日本時代の方が良かった」という言葉だろう。現に台湾では2.28事件が起きて親日派が暴動を起こすこととなり、李承晩元大統領もその事件を聞き警戒したはずだ。2.28事件は1947年に勃発し、大韓民国は1948年に建国されている

建国後すぐに行われたのが親日の排除だ。日本統治を懐かしんだだけで、共産主義者などと同じく政治犯と見做され逮捕投獄された。建国以来僅か2年間で、なんと日本統治時代35年間の逮捕者数を超えたのである

日本統治を知らない李承晩

大韓民国の初代大統領となった李承晩は、日本統治時代の大半を国外で過ごしている為、実際には日本統治について知っている訳ではない。ただ日本が大嫌いだった。李承晩がアメリカに亡命していた時代では、日本統治前の李氏朝鮮は「東洋の理想国家」だと宣伝していたほどだった。

台湾では日本統治が終わったものの、そこへやってきたのは蒋介石率いる国民党軍であり、その政治は酷いものだった。韓国でも日本統治が終わったとはいえ、国を上手く統治運営できる保証は全くない。

政治経験者を追放して行った韓国政府

日本統治時代に国の運営に携わった人たちを、日帝残滓として次々と追放して行ったのだから、政治経験の無い素人集団が政治行政を担うことになる。その他、北朝鮮と結託して国家転覆を狙わないかとの懸念から共産主義者に対する粛清、虐殺も多く行われている。

敵と規定された親日と共産主義者

軍事政権として発足した大韓民国にとって国家運営の脅威になる可能性があるものは親日であり、共産主義者であった。それらをヒステリックに排除して行った一方、保導連盟事件他、済州島四・三事件、国民防衛軍事件など政府の失政の批判の目を逸らす為にも反日が使われた

  1. 保導連盟事件 共産主義者やその家族らを再教育する施設において行われた虐殺事件。
  2. 済州島四・三事件 アメリカ陸軍司令部軍政庁支配下にある南朝鮮の済州島で起きた暴動に対し虐殺が行われた事件。
  3. 国民防衛軍事件 朝鮮戦争中の1951年1月に、韓国の国民防衛軍司令部の幹部らが、国民防衛軍に供給された軍事物資や兵糧米などを横領した。横領により9万名余りの韓国軍兵士が餓死したとされる。

現政府正当化の為に歴史は塗り替えられた

過去の歴史も塗り替えられた。李承晩自身が日本統治時代を知らないのだから、歴史を塗り替えるのは逆に容易だったとも言われている。


日本統治時代に朝鮮半島は搾取され奴隷化されたという歴史観は、韓国建国後に国内政治がうまく行かなくても、日本統治時代より遥かにマシだという架空の「より良い政府」を作成したのだ

その歴史観を社会通念化する為には日本統治を肯定するだけでも政治犯となる訳だ。最も問題なのは、そのような社会通念や教育を現在も引き継いでいるということだろう。




公告 公告

公告公告
公告 公告