|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,682年

Home
Japanese


環球時報に見る中国の考えは威嚇して日本を引き込むこと。そこには自由で開かれた太平洋という概念はない。

2021-12-16  カテゴリー:中国

環球時報に見る中国の考えは威嚇して日本を引き込むこと。そこには自由で開かれた太平洋という概念はない。

Photo by Global Times (licensed under CC0 1.0)

中国環球時報から見る中国の考え方

[環球時報引用]

安倍晋三元首相は水曜日、中国本土が台湾島を攻撃した場合、日本が待機しないことを露骨に叫んだ。彼は、「台湾の緊急事態は日本の緊急事態であり、したがって日米同盟の緊急事態である」と述べた。彼はさらに、「軍事的冒険は経済的自殺への道になるだろう」と脅した。

安倍はかなり長い間、これらの邪悪な言葉を言いたかったのかもしれません。しかし、日本の当局は決してこのように中国に対して咆哮することを敢えてしません。

安倍首相は、辞任後、自分を喜ばせるためにそのようなナンセンスを誇示することしかできなかった。これは、彼の不安と彼の下降経路における喪失感を反映している。

もし日本が台湾の島に関してそのような政策を採用するならば、それは日本の自殺であり、単なる経済的なものではないでしょう。

日本の右翼政治家は、中国と日本の勢力均衡が完全に逆転したことを認識すべきである。日本が植民地化し、中国をいじめることができるという古い夢は断ち切られるべきです。

その時代は永遠に過ぎ去りました。安倍晋三は、日本の政治的遺伝家として、少なくとも安倍晋三の母方の祖父にまでさかのぼる深い右翼のDNAを持っていることが知られています。

「中国脅威理論」で日本人を騙し、日中対立を扇動するのは、日本の権利者の魔法の規範である。

島国に住む日本国は、特別な危機感を持っています。安倍首相のような右翼政治家は、それを利用するための努力を惜しまない。

彼らは、中国が統一後に魚釣島や琉球諸島などを「強制的に占領」するため、中国の統一が日本の海路の安全を脅かすと日本国民を誤解させた。

台湾の質問を操作することは、安倍首相が彼の影響力の残余を維持するための最も目を引く方法です。彼はまだ日本の平和主義憲法の改正を推進し、それを彼の注目に値する業績の1つにするという野心を持っています。

しかし、安倍首相のような強硬派が歯を食いしばっても、中国がますます強くなるのを阻止することはできず、中国の統一プロセスを妨げることもできない。中国の力は、これらの政治家が彼らの狂気を日本の実際の政治的指導に変えることを強く封じ込めるでしょう。

安倍首相は、中国の国防予算は日本の4倍だと述べた。したがって、彼は冷静な頭を持っている必要があります。「台湾の緊急事態」が発生したときの日本の急いでの介入は、山につまようじを投げるようなものです-それは間違いなく中国からの壊滅的な反応を招きます。

日本の軍国主義はかつて国の人々に大惨事をもたらしました。私たちは、記憶が、日本社会が再びリスクを冒す権利者に従うことを妨げる障壁になることを願っています。

中国は再統一を余儀なくされているので、日本の将来は台湾海峡全体の状況に結びつくことはできません。日本は、統一された中国と仲良くする準備をする必要があります。

台湾の島は、その将来を米国に期待すべきではありません。また、日本は、中国に対する強力な地位を達成するために米国に期待することもできません。

日米同盟は万能薬ではなく、日本は常識に従って中国と調和して生きる必要があります。中国と日本がお互いを尊重し、相互利益の原則に基づいて相互作用する場合にのみ、両国は双方にメリットのある結果を達成することができます。

中国に対して米国と同盟を結ぶことは、日本にとって邪悪な道であり、戦略的な行き詰まりでもあります。

歴史は、中国と日本の世論の反対を作成しようと懸命に努力した安倍と彼の同類が、日本の新しい罪人であることを証明するでしょう。彼らは日本を非常に危険な戦略的方向に導いた。

一方では、彼らは中国との新たな確執を生み出すでしょう。他方、彼らはますます米国に依存するようになり、中国の台頭を背景に中国と米国の間に戦略的作戦の余地を設けるという日本の歴史的な機会を捨てるだろう。

日本の役割はさらに矮小化され、「共犯者」のようになります。日本の戦略的自治は東アジアで最悪の1つであり、一部の東南アジア諸国よりもさらに悪い。

日本が安倍首相のような中国に対する間違った道に導かれることを避けることができるかどうかは、日本社会全体の集合的な知恵と感情指数をテストするでしょう。

[以上引用]



POINT

要約すれば、①日本の試みは失敗する。②日本は中国と仲良くやっていくしかない。③日本国民は扇動されている。だそうです。完全に自由民主主義や自由で開かれた太平洋という概念が無いですね。



参照元




公告 公告

公告公告
公告 公告