|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,682年

Home
Japanese


中国政府が中国は民主主義国家だと宣言。白書を発行し人民代表大会工作会議で習近平が演説。

2021-12-15  カテゴリー:中国

中国政府が中国は民主主義国家だと宣言。白書を発行し人民代表大会工作会議で習近平が演説。

Photo by above.sky-spider.com (licensed under sky-spider.com)

中国政府が中国が民主主義国だとPRを始めました。

[人民日報抜粋]

国家評議会情報局は4日、白書「中国の民主主義」を発表し、記者会見を行った。記者会見では、関係部門の責任ある同志が、人民民主主義の全過程を実現するための中国共産党の人民指導力の内容を説明した。人民民主主義のプロセス全体の発展はお互いを促進し、お互いを補完します。

白書は、人民民主主義のプロセス全体が、プロセス民主主義と結果民主主義、手続き型民主主義と実質的民主主義、直接民主主義と間接民主主義、そして人民民主主義と国の意志の統一を達成したことを指摘しています。

それは完全な連鎖です。 オールラウンドで、完全にカバーされた民主主義。最も広範で、真の、そして効果的な社会主義民主主義。

[以上抜粋]

一部の国が評価してはならないと習近平主席

習主席は今月13~14日に北京で開かれた人民代表大会工作会議で演説を通して「民主は各国の人民の権利であり、少数国家の専売特許ではない」と語った。

つづけて「国際社会で、ある国が民主であるかどうかは国際社会が共同で評価し判断することで、自分が常に正しいと考える少数の国が評価し判断してはならない」と発言した。



MEMO

一方的に民主主義国だと宣言したところで民主主義国になる訳ではありません。民主主義とは何かすら知らないようにも見えます。



「民主を実現するのには多様な方式があり、一律的ではない」「単一なものさしで世界の多彩な政治制度を評価し、断片的な観点で人類の多様な政治文明を審査することは、それ自体が非民主的だ」と強調した。

つづけて「中国の人民代表大会制度が『全過程の人民民主主義』を実現する重要な制度的政治だ」と主張した。



POINT

先進国の民主主義国が皆中国は民主主義ではないと批判するのだから、逆に他国の評価に耳を傾けたらどうだろうか。それも民主主義的な態度だといえます。



参照元




公告 公告

公告公告
公告 公告