|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,683年

Home
Japanese English Korean


中国は自国内の環境問題を棚に上げて福島産禁輸

2023-09-18  カテゴリー:中国

中国は自国内の環境問題を棚に上げて福島産禁輸

Photo by sky-spider.com (licensed under CC BY Unknown)

平均寿命が短い漢方の国

中国人の平均寿命が短い理由について不思議に思っていたのは、中国は漢方、中医学発祥の地であり医食同源を実践する国であるが何故7~8年近く日本との差があるのか、かつては10年ほどの差があった。中国料理が基本的に油を大量に使うことが原因と思っていたが、それだけでは説明が付かない。

上海のマンション東京の976倍

上海のマンションの部屋の中で空間線量計で測ったら東京の976倍となったという話があったが、そもそも陸からの放射能は鉱物資源から発するものだから、鉱物資源が豊富な国や地域ほど放射線量が多い。プルトニウムはウラン鉱石から採取されその他鉱石にも放射性物質が多く含む鉱石は自然界に沢山ある。

放射線は自然鉱物から発生

中国のレアメタル採掘には各国が当然に配慮する様々な健康的な配慮や保証をしないことで中国製は安価に国際取引がされていることは以前から知られている。人権などという意識が無い国だから当然だ。レアメタルからは採掘の過程で放射性物質が発生する。採掘者に配慮しなかった結果その川に放射性物質が流れていく。

コンクリートなどに使われる細骨材、つまり細かい砂は川の流れなどで細かく研磨されたものだ。中国内陸地の原発は冷却水に川の水を使うが、その上で原発事故も頻発していると言われ、あの国だから当然に事故が起きても隠ぺいされる。

建物の建材は何を使っているのか

結果的にマンションの建材に何が含まれているか分からない。川の下流で取った上海蟹から放射能値が検出されるのも理解できる話となる。

日本は常に科学的見地に立って話をするべきであり、中国人が科学的見地を持った場合は自分の国が既に悲惨な状態にあることを知るのだろうか。30年後も気づかないのならば・・・。




公告 公告

公告公告
公告 公告