|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,682年

Home
Japanese English Korean


米軍の空母、揚陸攻撃艦に対し実戦経験の無い人民解放軍は何を考える

2022-02-02  カテゴリー:中国

米軍の空母、揚陸攻撃艦に対し実戦経験の無い人民解放軍は何を考える

Photo by DPLA bot (licensed under CC0 1.0)

中国[长江新闻号]抜粋記事

米国はバイデン政権発足後も中国を圧迫し、中国企業への支援を規制しただけではなく、中国周辺に軍用機軍艦を頻繁に派遣して挑発してきた。

環球時報の集計によると、米国はすでにインタイ地域に空母カールビンソン、揚陸攻撃艦エサックス、揚陸攻撃艦アメリカを相次いで配置している。空母リンカーンとレーガン。オハイオ級戦略核潜水艦ネバダもグアムの米海軍基地に異例的に姿を現した。

米国がこのように多くの軍事力を中国周辺に配置したのは異例のことで、威風堂々とした印象を与える。復旦大学アメリカ研究センターのウェイ·ジョンウ教授が受諾インタビューは米国が戦略核潜水艦と空母戦団をインド·太平洋地域に集結させるのは、中国に'力'を誇示して軍事的抑止力を行使するためのものと指摘した。

世界1位の軍事強国として米国が威勢を振るうのは昨日今日のことではないのに、中国を狙った米国の計算は間違っていた。国防部の呉謙(オ·ギョム)報道官は1月27日、国防部の定例ブリーフィングで、解放軍の2022年度軍事訓練の実態を説明し、全軍の軍事訓練は軍事訓練の深層結合を強力に推進し、事案別の検証を強調し、軍事闘争の一線で敵を制圧する訓練を強化し、極限の過酷な条件下で訓練を強化し、全時間待機態勢を維持すると明らかにした。いつでも戦えるように訓練と実戦の一体化を加速化すると話した。

敵と戦い練兵する」という裏話は明らかだ。環球時報はこれまで専門家もいたが、アナリストの言葉を引用して伝えた。このような外国軍との戦いの中でも、解放軍は機会を借りて練兵をしているが、依然として多くのネチズンがこれを'体面維持'と考えている。しかし、今回の解放軍の'外国軍を利用して練兵'という言葉が公式に確認された。米国も、中国周辺のこのような挑発が、逆に解放軍の最高の「訓練パートナー」になるとは思わなかった。戦闘経験の不足を補うためだった。米国は本当に「自分の脚を自分で撃っている。」



POINT

どうやら人民解放軍に実戦経験が無いことについて、アメリカ軍が実践としての訓練相手になるという理屈のようです。ちょっと意味が分かりません。



参照元




公告 公告

公告公告
公告 公告