|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,682年

Home
Japanese


安倍元首相の台湾講演。中国華春瑩外務次官補は猛反発。汪文斌報道官は頭をぶつけて血を流す。

2021-12-03  カテゴリー:台湾

安倍元首相の台湾講演。中国華春瑩外務次官補は猛反発。汪文斌報道官は頭をぶつけて血を流す。

Photo by 内閣官房内閣広報室 (licensed under CC BY 4.0)

安倍元首相の台湾講演。中国華春瑩外務次官補は猛反発。汪文斌報道官は頭をぶつけて血を流す。

Photo by 中国新闻网 (licensed under CC BY 3.0)

台湾有事は日本有事という安倍氏の発言に中国は猛反発。

安倍晋三元首相が12月1日、台湾の招きに応じてオンライン講演で「台湾有事は日本有事だ」などと発言したことに対し、中国の華春瑩外務次官補は1日夜、垂秀夫駐中国日本大使を呼び出して、「厳正な申し入れ」を行った。

華氏は「極めて誤った発言で、中国の内政に乱暴に干渉した」と猛反発した。中国外務省の発表によると、華氏は「公然と中国の主権を挑発し、強硬に『台湾独立』勢力を後押しした」と非難。その上で「『台湾独立』勢力にいかなる誤ったシグナルも発してはならない」と求めた。

反論する駐中日本大使

在中国日本大使館は、垂氏は、政府を離れた人物(安倍氏)の発言の一つ一つについて政府として説明する立場にないこと、台湾をめぐる状況について日本にはこうした見解があることを中国として理解する必要があるとの考えを伝えた。その上で「中国側の一方的な主張については受け入れられない」と反論した。



MEMO

今回の駐中大使の対応は毅然として筋が通った反論をしているので良かったと思います。


日本有事への懸念は内政干渉にあたらない。

このオンライン交流会は期間限定公開だったのか、現在は視聴できない。視聴可能な時に全部を見たのだが、安部元総理は「台湾の有事は日本の有事」と発言しているので内政干渉には当たらない。日本の有事について言及しただけだ。

汪文斌報道官は「中国人民の一線を越えようと挑戦する者は、誰であれ必ず頭をぶつけて血を流すことになる」と表現したが、どこに頭をぶつけるのかも不明だ。

重要なポイントを無視する中国

そしてこの交流会の中では「中国が間違った方向に進むことを阻止することが重要で、ルールに基づいた中国の発展を説得する責任が日本にある」と安倍氏は発言している。

日本有事の問題よりもこちらの方が内政に踏み込んだ発言であるが、中国は全くそのことに触れていない。中国は安倍元総理の影響力を相当警戒しており、逆に頭をぶつけて血を流すという以上、具体的な対抗手段を講じないという意味ともとれる。



POINT

中国のメッセージはそのまま受け取ってはいけません。自分に都合が悪い内容には全く触れずに強い姿勢を見せているように見えます。



「乱暴に内政干渉」中国、安倍元首相の台湾発言で駐中国大使に厳正な申し入れ



公告 公告

公告公告
公告 公告