|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,682年

Home
Japanese


中国共産党の経済買収 中国経済への依存は買収と同じ

2021-10-10  カテゴリー:台湾

中国共産党の経済買収 中国経済への依存は買収と同じ

Photo by Voice of America (licensed under CC0 1.0)

習近平主席の戦略

辛亥革命110周年大会で「一つの中国」原則と、それに基づく「1992年コンセンサス」を挙げて、「両岸関係の平和発展を推進する」としたことは習近平主席が正しいことをすることは無いという原則で考えた場合、気になる発言だ。

台湾領空には中国機が10月4日には最多の56機が侵入している。10月に入ってから計149機の領空侵犯となるが、5日には激減して1機の領空侵入となった。

バイデン大統領が言う、民主的に選ばれたリーダーと平和的に対話するようにという要求は何を意味するかと言えば、やはり次期台湾総統選挙がターゲットになる。次期総統が親中派となり中国の統一に進むならアメリカは口出しない。という意味にもなる。

経済依存は買収と同義?

政治家が直接中国に買収されるというのはドラマの世界の話だが、中国の戦略はもっと緻密だ。政治家の家族、親戚、友人、政治家の支持母体、団体など全てに手が伸びる。

政治家の支持母体に中国とのビジネスで巨額の富を与えれば簡単に寝返るし、政治家本人、周辺の人間の浮気や交通事故、脱税、軽微な法律違反等を嗅ぎまわり、情報を収集する。

それには通信端末へのハッキングや盗聴、通信機器自体に中国共産党に情報を送信する仕組みを組み込んだりとありとあらゆる手法を使う。

蔡英文総統の前に馬英九総統の時代は統一の一歩手前まで行った。蔡英文総統の再選が実現されたのは若者層の投票が大きな鍵を握った。

つまりビジネス上の利害関係が少ない若者層をいかに選挙に向かわせるかも次回選挙の鍵となる。




公告 公告

公告公告
公告 公告