|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,682年

Home
Japanese


台湾海峡問題の解決策は台湾国家の承認しかない

2021-10-29  カテゴリー:台湾

台湾海峡問題の解決策は台湾国家の承認しかない

Photo by DoD (licensed under CC0 1.0)

台湾国家承認の方法

台湾海峡問題の目標地点は台湾の国家承認だ。国連は一つの中国を採択しており、国連加盟国が一歩踏み出せない理由の一つでもある。バイデン政権は「一つの中国政策」を維持すると発表した。

トランプ氏ならば台湾の国家承認まで行くと期待していた。トランプ氏は国連からの資金引き上げも言及したし、エルサレムへの首都移転を国連の意向を無視して強行した。

もう一つの方法は至ってシンプルだが、台湾に核兵器を置いてしまうことだ。これは現在の「6つの保証」「台湾関係法」で可能だ。ただし核兵器と同時に発射ボタンも渡すこととなりこの場合、北朝鮮やイランの核武装反対の大義名分が失われることとなる。

台湾防衛の明文化が必要

現在アメリカは台湾の防衛に関与するような姿勢を見せているだけで言葉上のものでしかなく、明文化されたものがない。これらのことを考えたら、やはり国家承認の道が最も正当な方法だ。

台北に米大使館を突然設置し、米・台湾軍事同盟を結ぶ。そして核兵器を搭載したアメリカの原子力潜水艦を堂々と台湾海峡に沈めておけば良い。バイデン政権がそこへ向っているのかは今一つ不明だ。

現状維持の中、舌戦だけで終わらせても、この問題は永遠に続く。




公告 公告

公告公告
公告 公告