|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,682年

Home
Japanese


中国の台湾進攻は台湾独立宣言が引き金になる 問題は台湾独立のタイミング 習近平再選とアメリカ大統領選挙も鍵

2021-11-18  カテゴリー:台湾

中国の台湾進攻は台湾独立宣言が引き金になる 問題は台湾独立のタイミング 習近平再選とアメリカ大統領選挙も鍵

Photo by Encyclopedist (licensed under CC BY-SA 3.0)

台湾進攻のタイミングは台湾独立

中国国家主席の任期は5年となる。2018年に中国全人代が2期10年の制限を撤廃したため何度でも再選が可能となる。現在習近平主席は2期目であり2023年に任期が終わる。

中国の台湾進攻はどのタイミングで行われるかについて2021年1月に中国国防相は台湾の独立は戦争を意味すると踏み込んだ発言をしている。先日の米中首脳会談では習近平主席は台湾の独立勢力が一線を越えた場合断固とした措置を取ると発言した。

台湾の独立がそのタイミングだ。独立をどこでとらえるかだが、国際法上の国家として実質的な要件を台湾は全て満たしている。形式的には独立宣言の起草だ。問題はどのタイミングでそれが行われるかだ。

2024年台湾総統選挙がポイント

蔡英文総統は「既に独立」という立場を示しており、敢えて独立宣言を起草する意思ではないことが伺える。

次のタイミングは2024年の台湾総統選挙だ。これは習近平主席が3期目に入った翌年に行われる。民進党の候補者達は独立を主張しており、裏を返せば台湾は未だ独立していないという考えになり、蔡英文総統の「既に独立」とはニュアンスが大きく違う。

2024年に民進党候補者が台湾総統になった場合その任期中に独立宣言を起草する可能性が高いとすると、習近平主席は3期目を睨み国民党を支援し台湾総統選挙に執着している。

そして2024年はアメリカ大統領選挙の年にもなる。蔡英文総統の「既に独立」という考えや、バイデン政権下で独立宣言を起草する可能性は低いと言える。



MEMO

台湾総統選挙、米大統領選挙は2024年、習近平主席3期目は2023年からスタートする。この時を境に動きが起こるか注目。


習近平主席の再選も大きな影響

台湾総統の任期は4年だから次期総統の任期満了は2028年となり習近平主席の4期目の年となる。4期目に再選されるためには少なくとも2027年までに成果が必要になる。

デービットソン司令官が言った6年以内に戦争が起こるという6年目となる。2024年にアメリカ共和党が勝利した場合局面は大きく変わる。



POINT

台湾独立宣言がどのタイミングで行われるのか、それは3国の選挙と大きく関わって来る可能性がある。





公告 公告

公告公告
公告 公告