|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,683年

Home
Japanese English Korean


韓国への譲歩は間違え 韓国には毅然とした対応が必要と武藤氏

2021-07-19  カテゴリー:韓国

韓国への譲歩は間違え 韓国には毅然とした対応が必要と武藤氏

Photo by World Economic Forum (licensed under CC BY-SA 2.0)

譲歩を続けてきた日韓外交

武藤氏は、外交官時代に韓国に対しては何でも話を聞いて、最大限要求を聞いてきたことが間違えだったと言う。

麻生総理時代に韓国の反日運動についての質問で、あちらの事情があるんですかね、日本人が気にすることは無いですよ。と答えたことで「仮想敵国」という言葉が流行った。

現在韓国の敵国は一義的に北朝鮮であることは疑いようがない。日本が敵国と言っている韓国世論を見ると、どこまで現実逃避をしているのかと思わざるを得ない。

驚きの現実逃避、何も言わない日本に矛先

同じフレームの中で考えた場合、中国は敵国側の立場にいる。韓国政府はこれまで安保上の問題について解決できずにいる中で、北朝鮮、中国、アメリカなどに敵意を表明すればすぐさま報復措置を取られる為、国民の目を背ける為に軍隊を放棄している日本に矛先を向け続けてきた。

その際に過去の併合時代の話は利用しやすい。そのような環境を日本は理解したうえで韓国の反日運動を黙認してきた。

反日は現実逃避の為のツール

整理しなければならないのは、これら全ての環境は韓国にとって常に現実の問題としてあるということだ。

韓国国民は反日さえしていれば問題が無くなったかのように幸せな気分に浸ることができるようだ。未だに反日の旗が上がれば脊髄反射で何もか忘れてしまう。




公告 公告

公告公告
公告 公告