|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,683年

Home
Japanese


韓国の次期大統領候補、「日本国民を愛している」そして相次ぐ反日発言

2021-11-30  カテゴリー:韓国

韓国の次期大統領候補、「日本国民を愛している」そして相次ぐ反日発言

Photo by 고려 (licensed under CC BY 4.0)

日本国民を愛しているという大統領候補の歴史認識

韓国次期大統領選に出馬する李在明は11月25日「私は日本国民を愛していて彼らの礼儀正しさを尊重している」と述べ、「日本は韓国を侵攻して数十年間支配し収奪した前歴がある」「いまも軍事大国化を夢見ていて韓国が実効的に支配している独島を自らの領土だと挑発している。

歴史問題についても明確に認め心から反省しているようには見えず、当然心配している」と述べた。



MEMO

日本国民を愛していると言い出した反日勢力の李在明。その後支離滅裂な発言が続きました。



歴史は過去の問題。日韓関係は現在進行形の問題

まず最初に現在の日韓関係の問題の根本を理解していないようだ。これは歴史問題ではない。友好国の振りをして日本から戦略物質をホワイト国の立場を利用して第三国に横流しをしていた問題だ。

そして国交の基礎となる協定の破棄状態の問題だ。これは過去の問題ではなく現在進行形の問題であることを理解せずに日本国民を愛していると言ったところで日韓関係の改善はできないだろう。

歴史問題については両国間の合意の元に解決済みとなっている。このことを記者会見で発信するべき立場ではないのだろうか。日本に対する心配は不要だ。自分の心配をした方が良い。

もう日韓関係は実質的に戻ることはできない

文在寅大統領の5年間は修復不可能な亀裂を作った。国民感情の上では反日ムードを和らげれば表面上はなんとかなるというレベルだ。日本はそれ以降近隣諸国においてのパートナーを探し関係構築を続けてきた。

新しいパートナーとの約束や仕事が次々と発生しているのだ。それらのことを十分に理解していないのであれば、あまりにも子供じみた浅はかな考えとしか思えない。



POINT

日本は長年韓国に我慢をして来ましたが、ホワイト国除外から韓国以外のパートナーを作ってきました。韓国が最も重要な隣国に戻ることはあるのでしょうか。





公告 公告

公告公告
公告 公告