|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,684年

Home
Japanese Korean


韓国前科者議員 韓国では市民団体から政治家になるケース、逮捕歴がある議員が多数

2021-06-20  カテゴリー:韓国

韓国国会

韓国国会 Photo by Dmthoth (licensed under CC BY-SA 3.0)

この記事をご評価いただけたら、
クリック応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ 国際政治・外交ランキング

韓国2020.4.15選挙での立候補者の内、前科がある人は全体の31.2%に当たる。前科2犯以上(13.2%)。前科10犯者が2人、殺人の前科者もいると伝えている。予備候補を10人以上出した政党の中では、民主党が前科者の比率が64.9%で最多だった。2017大統領候補14人中9人(64.2%)が前科者だった。

現在の韓国の国会議員を目指すのはどういう人々なのだろうか。優秀な人たちは一般企業に就職してしまうのだろうか。そもそもまともな政治活動や外交活動ができる訳が無いかもしれない。

あまりに多い韓国の市民団体

韓国は市民団体がとても多いし活動も多い。政府からの援助金が出ている団体も多い。市民活動を経て政治家などと交流し、そもまま選挙に出るという人も多いだろう。尹美香などはその典型だ。

日本領事館内を走り回った学生らは、就職活動の一環だという話を聞いたが本当なら驚きだ。反日活動をしていたら就職に有利に働くようだ。

市民団体の会計監査を徹底したら、政治家や各企業にどのように金が流れているかが見えるだろう。議員活動の重要な資金源になっていないだろうか。




公告 公告

公告公告
公告 公告