|政治|歴史|日韓関係|国際関係|<br>自虐史観から脱却して世界を見る |政治|歴史|日韓関係|国際関係|
自虐史観から脱却して世界を見る
皇紀2,682年

Home
Japanese


ワクチン集団訴訟が遺族団によって始まる~世界規模で探求されることになるワクチンと悲劇との因果関係

2022-11-30  カテゴリー:日本

ワクチン集団訴訟が遺族団によって始まる~世界規模で探求されることになるワクチンと悲劇との因果関係

Photo by U.S. Department of State (licensed under CC0 1.0)

ついに始まったワクチン団体訴訟

日本で新型コロナワクチンによると見られる死亡者の遺族らが集団訴訟を開始した。とうとう始まったという印象だ。パンデミックとして世界中に広まったコロナに対し、ワクチンはそれを追うように広がった。ほぼすべての国々が使用した。

全てが検証されていないワクチン

検証期間を大幅に短縮したワクチンに対する危険性は当初から言われていた。日本では京都大学の研究チームがワクチンの欠片が血液中に残留する現象を発見し学会に発表している。ワクチンの欠片が残留することはあらゆる免疫に関わる反応についての弊害は未知数であるといえる。しかしその弊害については科学的に検証されていないということだ。

通常のプロセスなら認可には10年以上

ワクチンそのものが検証されていなく、科学的に証明されていない。弊害についても科学的に証明されていないのは当たり前の話となる。おそらく原告側が訴訟を起こしたとしても因果関係は分からないという結論になる可能性が高い。しかし、このワクチンが正規の検証を経たのちには因果関係が解明されることになるかもしれない。それは10年以上の時間が必要となる。

世界中で行われた命の選択

この問題はある部分で戦争と似ている。社会の大多数を守る為に一部の人々の犠牲には目をつむるという集団真理だ。この集団真理に世界中が包まれ、ワクチンによる被害と思われる悲劇はどの国にも発生していることも事実だ。WHOもこれについては沈黙している。おそらく世界規模で行われたこの命の選択についての解釈や解決方法も国によって全く違うものになるだろう。




公告 公告

公告公告
公告 公告